うっかり作ってしまったシミを消す

うっかり作ってしまったシミを消すためのやり方はたくさんありますが、私のオススメは高濃度プラセンタ配合の美容液を肌に染み込ませることです。お肌の奥の奥まで染み込んでいくのがわかるはずです。

使用を続けていると目立っていたシミも消えてきたため、シミができる前の肌に戻るまで使ってみようと思っているのです。うっかり肌にできてしまったシミやそばかすをなるべく目立たなくしたいと考え、美肌に良いといわれるビタミンC誘導体が配合された美容液を使っています。

洗顔して汚れを落とした後、美容液を指先にのせて、シミが出来てしまった部分にトントンします。使い続けて約一ヶ月くらいで、シミとかそばかすが目立ちにくくなったと思えたので、幸せな気持ちです。

生まれつきや幼い頃から、シミやアザなどがお肌にあり、お悩みの方は身近にいると思います。先天性なので薄くなることや消えることはないと思われていますが、皮膚科の医療の進歩はとても速く、完全に消えなかったり、跡が薄く残る場合もありますが、明らかな色素沈着や盛り上がりはなくすことができます。

もし、シミやアザ、紫斑などをずっと気にしているのなら、皮膚科でカウンセリングだけでも受けてみてください。または、シミなどが消えた、薄くなったという体験談をできるだけ集めると、参考になるかもしれません。

鏡を見て、加齢によるシミににショックを受けたことはありませんか。ただし、シミの形状やできた場所によって、多数の種類があるため、シミに合った市販のお薬を探してみたり、クリニックへ行って相談するという手もあります。

薬による体内からの治療だけでは、対応できないシミもありますから、どうしてもシミが消えないといった時には、外部刺激による治療法であるレーザー照射も検討してみてください。特に40代以降のお顔のしわを目立たないようにする方法に関して、困っているという声が多数あるようです。

肌が乾燥したままだと、しわができる大きな要因となるでしょう。洗顔後に化粧水をたっぷりコットンにとって、パタパタとパッティングするというのも良いのですが、力を入れすぎると、お肌には良くないと最近言われはじめました。

適量の化粧水をコットンにとって、適当な力加減でパッティングしてみてください。

ヒアロディープパッチ

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です